土地家屋調査士試験に合格するための情報を提供するサイト
お気に入りに追加
終身雇用が崩壊した今、頼るのは自ら取得する『資格』しかありません!!中でも『土地家屋調査士』のニーズは年々、高まっています。
このサイトでは、土地家屋調査士試験に合格するための様々な情報を提供します。

土地家屋調査士(とちかおくちょうさし)とは、他人の依頼を受けて、土地や建物がどこに あって、どのような形状か、どのように利用されているかなどを調査、測量して図面作成、申請手続などを行う測量及び法律の専門家のことである。

土地家屋調査士になるには、法務大臣の認可を受けるか、法務省が実施する土地家屋調査士試験に合格して土地家屋調査士となる資格を取得する。土地家屋調査士となる資格を有する者は、事務所を設けようとする地を管轄する都道府県内に設立された「土地家屋調査士会」へ入会して、日本土地家屋調査士会連合会に備える土地家屋調査士名簿に登録を受けなければならない。

土地家屋調査士会に入会している土地家屋調査士または土地家屋調査士法人でない者(公共嘱託登記土地家屋調査士協会を除く)が、土地家屋調査士の業務を行った場合、1年以下の懲役または100万円以下の罰金、土地家屋調査士または土地家屋調査士法人の名称またはこれと紛らわしい名称を用いたりした場合、100万円以下の罰金に処せられることがある。

■受験資格
制限なし。筆記試験(午前試験と午後試験)と口述試験からなる。ただし、午後試験は測量士・測量士補、1級・2級建築士の有資格者は免除される。
口述試験は、筆記試験合格者のみに実施される。

■試験
午前試験は8月下旬頃、午後試験は8月同日の午後、口述試験は11月中旬頃に筆記試験(午前試験、午後試験)の合格者に対して各法務局管轄の受験地で行われる。

■試験科目
・午前試験:不動産の表示に関する登記に関する事項で、土地家屋調査士の業務を行うについて必要な知識
・短答式:五肢択一形式の選択問題。主に民法・不動産登記法から20問出題される。
・記述式:製図を含む書式問題。建物(又は区分建物)及び土地に関する問題がそれぞれ1問ずつ出題される。
・午後試験:平面測量、作図
・口述試験:午前試験科目の範囲および土地家屋調査士の業務を行うについて必要な知識

 
調査士「択一」過去問マスター
調査士「択一」過去問マスター

オススメ度


価格:
¥ 5,250
土地家屋調査士受験100講分類別問題集〈2001〉
土地家屋調査士受験100講分類別問題集〈2001〉

オススメ度


価格:

調査士本試験問題と詳細解説〈2004年版〉
調査士本試験問題と詳細解説〈2004年版〉

オススメ度


価格:
¥ 4,725
調査士「書式」過去問マスター
調査士「書式」過去問マスター

オススメ度


価格:
¥ 5,250
 
楽学土地家屋調査士 記述式セミナー
楽学土地家屋調査士 記述式セミナー

オススメ度


価格:
¥ 3,675
土地家屋調査士の仕事がわかる本
土地家屋調査士の仕事がわかる本

オススメ度


価格:
¥ 1,575
土地家屋調査士は土地建物についての表示登記申請を業務とする資格だ。権利登記申請を業務とする司法書士との兼業者も多い。
この本には実際の業務 ...
調査士合格ノート〈1〉不動産登記法編
調査士合格ノート〈1〉不動産登記法編

オススメ度


価格:
¥ 4,620
詳細 調査士六法〈平成18年版〉
詳細 調査士六法〈平成18年版〉

オススメ度


価格:
¥ 5,460

このページの情報は
2006年11月13日0時54分
時点のものです。

このページのトップに戻る
Copyright 2005 土地家屋調査士試験.com All rights reserved.